スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブルターニュの旅

今年は非常に寒い日が多いですね。東京は雪がまだ残っています
さて、ブルターニュの写真とエピソードを載せましたので、旅に出た気分でどうぞご覧ください

Rennes.jpg

Rennes M
旅のスタートは、ブルターニュ地方の首都レンヌから
1720年の大火で街のほとんどが失われてしまい一部が残っている木と石で建造された中世の街並みの旧市街地を散策し、フランスで二番目に大きい土曜の朝市を見学。とても活気がありました。

Cancale Far Berton
二日目のカンカルでは今回の旅行の目的「ファーブルトン」を朝食に。ここのは美味しかった♪

Bordier.jpg
カンカル→サン・マロ→キブロンへ列車で移動
この間いくつか「ファーブルトン」を食べましたが、残念ながらこれだと思う味は見つからず…。
写真はサン・マロにあるバターの有名なお店。この地方は海水から豊富に取れる塩の生産地として、日本でもゲランドのフルール・ド・セルが知られていますが、バターもほとんどが有塩。とってもまろやかな塩味でバターがもっと好きになりそう。

Pont Aven
六日目は「画家の村」とも言われるポンタヴェン
ゴーギャンら画家達が製作活動をした町で、川が流れ、ひなびた橋や石造りの教会が残る田舎の素敵な村でした。

Betty F
翌日はカンペールにあるシャンブル・ドットに宿泊。
シャンブル(Chambre)とは寝室、オット(hôte)とはオーナー又はホストのことで、 一般家庭のゲストルームを宿泊に提供し、朝食を出すところもあります。
オーナーのインテリアへのこだわりが感じられ、ホテルと違うフランスの家を体験しました。

Locronan2.jpg

L Far Breton
ブルターニュ地方の最後は「フランスの美しい町」に登録されているロクロナン。予想以上にとても落ち着きのある美しい町でした。
シャンブル・ドットのオーナーが教えてくれた店に行くと、大きな「ファーブルトン」があり、味、歯ごたえ共に丁度よく、日本で作るイメージをここで掴めました!

オランジェでは大きいサイズの販売は難しいため、帰る前日にパリで専用の楕円の型を買い、旅の目的を何とか果たせました。
スポンサーサイト

色づく季節

今日は二十四節気の一つ霜降(そうこう)。文字が意味するように霜が降りて、もみじや楓、銀杏が色づき始めます。

そして、この時期から空気がだんだん乾燥し始めます。東洋医学では秋は「肺」を養う季節とされており、鼻や喉など呼吸器系の疾患が悪化したり、風邪にかかりやすいと言われています。

秋が色づく季節、豊かな香りと色を楽しみながら保湿・リラックス効果の高いハーブティーをオランジェではおすすめします!

Herb-tea-f.jpg
フローラルハーブティー ¥ 450/Pot 

ゆっくりと紫色に変化するマローブルーは、神経を穏やかにしずめる働きがあり、特に喉や咳、気管支炎など呼吸器系の症状に効果的に働きます。
甘く上品な香りがするリンデンフラワーは、神経を落ち着かせる優れた鎮静作用がありストレスを緩和してくれるでしょう。

午後14時以降はランチも終わり比較的お席が空いておりますので、夕方までゆっくりとティータイムをお過ごしくださいね

また、店内にてハーブティーを単品で販売しております。
ご自宅でお好きな分量、何種類かのブレンドを楽しんでみませんか。

冬支度

Ritto-Soup.jpg

朝食に温かいスープを飲んで、元気に一日を過ごしませんか。

オランジェでは、根菜を中心に6種類以上の野菜がたっぷり入ったミネストローネをご家庭でも味わっていただけるように、冷凍にて販売しております

今日は立冬。
例年に比べれば日中は暖かく過ごしやすいですが、暦の上では『冬の始まり』。
寒気が入り少しずつ気温が下がってきています。

これからの時期は空気が乾燥しますので、栄養バランスを考えた食事や軽い運動、睡眠、そしてしっかりと体を温めて免疫力を高め、風邪をひかないように心がけましょう!

みんな大好きパスタ!

11月に入りました。皆様、秋を満喫していますか?
ポカポカした小春日和の日が続いていますね

さて、今日はオランジェ自家製ミートソースを使ったおすすめのアレンジ料理を紹介します。

Pasta-Party.jpg

パスタはオーブンに入れても風味が変わらないように、フジッリを使います。

ゆでたてのフジッリにミートソースを和え、さらに上からミートソースを少しかけて、パルミジャーノをふります。チーズを多めにする場合は、とろけるタイプのチーズをのせてからパルミジャーノをふり、オーブンに入れてチーズに色がついてきたら出来上がりです

ラザニア料理よりも手間がかからず、簡単にいつものパスタが豪華になって、みんなで一緒にアツアツが食べられます

是非一度お試しくださいね

食事をもっと楽しく… ♪

秋分の日も過ぎて朝晩とっても涼しくなりました。
昨年同様9月に入っても猛暑だったので、秋らしい陽気の日が続くと嬉しくなりますね

さて、私が最近ハマっている万能な 青しそのペーストについて、店長から教わりました美味しい食べ方を今回はご紹介いたします!!

shiso-pesto.jpg

店頭では8月末より販売しておりますので、もうお召し上りいただいた方もいらっしゃると思いますが、材料は岡崎のSさんが作る無農薬の青紫蘇とオーガニック松の実、塩、オリーブオイルとシンプルでありながら、青紫蘇の香りや松の実のコクがしっかりあるペーストです。

写真のようにショートパスタで食べるのはもちろんのこと、茹でたじゃがいもに和えて肉や魚の付け合わせにするのも美味しいです。
そして、オリーブオイル、ビネガー、塩、コショウで作るいつものドレッシングに少し入れるだけで、全く違うサラダができます

私はペーストが少しだけ残った時に、レトロフランスを薄くスライスして焼き、その上に塗ってカナッペのように食べています。
何といってもチーズやBIOワインとの相性がよく、 がついつい進んでしまいます

皆様も是非一度、「しそペースト」をお召し上りくださいね。
料理のバリエーションも増え、食事がもっと楽しくなるでしょう

他にも美味しい食べ方がありましたら、是非コメントをお願いします!
プロフィール

comfortmedia

Author:comfortmedia
オランジェのマネージャーしずかです。
東京勤務になりますが、2005年オープン依頼、店長とともに店作りに携わってきました。私達の会社は「健康・食・住む」の3要素をバランス良く暮らしに取り入れる事がコンセプトで、主に店のデザインや広報を担当しています。
BIOワインや新鮮な野菜を美味しく食べることが大好き。最近は念願のトラクターに乗ってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。