スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうしてフランスパンは美味しいの?

retoro.jpg

お客様から時々、ここのフランスパンは「もちっ」としていて美味しいと言われることがあります。
嬉しいお言葉、ありがとうございます。
ではその答えの一つ、当店の石窯を紹介しましょう。

富士山の溶岩石を加工したこの窯は

◆一般的な石窯とは違って遠赤外線の量が多く、パンの芯まで早く熱が届く為、しっとりとしたまましっかり焼けます。

◆多孔質構造の天然溶岩は、保温・保湿力に富み、ふっくらとしたパンを作れます。

◆消臭・浄化・防菌効果があるので嫌な臭いは消し、美味しく醗酵した香りのパンが焼ける上、老化を遅くし雑菌の繁殖を抑えてくれます。

◆溶岩に含まれる身体に必要な微量金属・ミネラルを摂取することもできると言われています。

kama.jpg

当店のフランスパン「レトロ」は、直接溶岩石板の上で焼くので、クラムの気泡がちょうどよく、噛みしめた時の食感や小麦のいい香りなど、溶岩窯ならではの特徴が実感していただけると思います。

そして、窯を出た時にパチパチとした印象的な音がします。
美味しく焼けた合図ですので、お店にいらした際に聴こえるかもしれませんね。


スポンサーサイト
プロフィール

comfortmedia

Author:comfortmedia
オランジェのマネージャーしずかです。
東京勤務になりますが、2005年オープン依頼、店長とともに店作りに携わってきました。私達の会社は「健康・食・住む」の3要素をバランス良く暮らしに取り入れる事がコンセプトで、主に店のデザインや広報を担当しています。
BIOワインや新鮮な野菜を美味しく食べることが大好き。最近は念願のトラクターに乗ってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。