FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

味わってみませんか?

すっかり秋らしく涼しい気候になりましたが、みなさま体調など崩されていませんか?
空気が乾燥すると風邪をひきやすくなるので、ご注意ください

さて「絶品かぼちゃ」に続き、今回は減農薬の淡路島産「濃厚玉ねぎ」を紹介いたします。


AWAJI-onion.jpg


オランジェでは、店長の故郷でもある淡路島の南あわじでTさんが愛情込めて育てた玉ねぎを使って、ランチの豆のトマトスープ、テイクアウトのパスタソースなどを作っておりますが、この玉ねぎは普通の玉ねぎとは味の濃さが違います!

その理由は…
淡路島は兵庫県の一番南の瀬戸内地域にあり、温暖で日照時間が長く、また、収穫時期となる夏季には雨が少ないという栽培に適した条件が整っている場所です。
もともと肥沃な土壌ではありますが、玉ねぎの収穫の後は、水田となり夏に水をはることで病害を予防するといった土作りへの工夫もされている為、甘くてみずみずしい「濃厚玉ねぎ」が出来るのです。

昔の野菜は味がどれもはっきりしたのに、最近の野菜はみんな淡白な感じがするというお話を時々聞きますが、
そうなんですよね…いろいろな要因で昔のように野菜本来のしっかりと味のする素材が最近減ってきていると思います。
きっと栄養も昔の方があったのでしょう
飽食になったけれど、失ったものも大きいような気がしてなりません。

ただ嘆いていてもしょうがないので、私達は昔ながらの方法で安全に栽培されているもの、野菜個々の味がしっかりとするものをこれからも探し求め、たくさん手に入った時は店頭で販売することにしました。

この時期に販売する玉ねぎは、冬の貯蔵にむく「晩生」という種類になります。
私は店長の作る玉ねぎフライが大好物ですが、一番美味しい食べ方は何と言っても玉ねぎまるごとオーブン焼」。
シンプルな調理ほど素材の味が引き立ちますので、是非試してみてくださいね。
スポンサーサイト
プロフィール

comfortmedia

Author:comfortmedia
オランジェのマネージャーしずかです。
東京勤務になりますが、2005年オープン依頼、店長とともに店作りに携わってきました。私達の会社は「健康・食・住む」の3要素をバランス良く暮らしに取り入れる事がコンセプトで、主に店のデザインや広報を担当しています。
BIOワインや新鮮な野菜を美味しく食べることが大好き。最近は念願のトラクターに乗ってきました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。